load

あけぼの綜合法律事務所

パパとママの話し合い離婚サポート

「パパとママの話し合い離婚サポート」とは

「親が離婚をすることで、子どもにつらい思いをさせたくない……」
離婚という問題に直面をした時に、多くの親が抱く気持ちではないでしょうか。
しかし、トラブルの渦中にある夫婦が冷静に話し合うことは難しい上、夫婦間での直接の話し合いをサポートするサービスはあまりありません。
その結果、養育費や面会交流の取り決めが十分になされず、結果的に子どもが経済的にも、精神的にも辛い環境におかれることになってしまいます。

また、子どもにとっても利害がある事件において子ども自身の意見を表明し、これを考慮できるようにするため、家事事件手続法は、裁判所は子の意思を把握するように努めなければならず、審判や調停をするに当たり、子の年齢や発達の程度に応じて、その意思を考慮しなければならないと規定しています。意思能力がある子ども(おおむね10歳程度以上)については、利害関係人として自ら審判や調停の手続に参加して意見表明をし、子ども自身をサポートする手続代理人をつけることができると定めています。
しかし、そもそも離婚にあたって調停手続等裁判所を利用する割合は、全体の離婚の2割弱と少数ですし、その中でも実際に子どもの手続代理人が選任されるケースは極めて少ない状況です。
両親の離婚という、子どもの生活を大きく変える場面において、まだまだ子どもの権利が十分に守られているとはいえません。

「子どもの気持ちを真ん中において、離婚後の家族の幸せを考えたい」
「多様な家族のあり方に対応できるサポートをしたい」
そのような思いから、あけぼの綜合法律事務所では、信頼できるカウンセラー・しばはし聡子先生とともに「パパとママの話し合い離婚サポート」をご提供しています。
離婚という決断が、家族の幸せにつながるように。次へのスタートをサポートします。

気持ちの整理をする

離婚に合意

弁護士の立ち会いのもとで離婚協議

1回1時間×3回
※時間の延長および4回目以降の実施の場合、1時間あたり2万円の追加料金が発生します。必要に応じてカウンセラーも同席します。

離婚協議書の作成

公証役場への予約、文案の修正

公正証書の作成

当事者のみ公証役場に出頭
※公証役場において、協議書の内容に応じて、別途公正証書を作成。手数料がかかります。

カウンセリングから離婚協議書の作成までトータルで円満離婚をサポートします。
サービス料金:15万円(税別)

カウンセラー
しばはし 聡子(しばはし さとこ)

しばはし 聡子(しばはし さとこ)

せたがや離婚・面会交流相談室りむすび 離婚・面会交流コンサルタント
NPO法人 日本家族問題相談連盟 認定離婚夫婦問題カウンセラー

1974年生 神奈川県横浜市育ち
東京都在住
慶応義塾大学法学部法律学科卒業
卒業後、エネルギー業界で広報・秘書を勤める
26歳で結婚
30歳で世田谷にマイホームを構え長男誕生

家庭も仕事も順風満帆!だったはずが、40歳で突然の離婚危機。
調停中に出会ったカウンセラーに支えられ、自分の気持ちに何度も向き合い修復も試みた上で、最終的に離婚という決断に至る。
離婚当初、元夫と関わりたくないがゆえに面会交流に消極的だったが、子どもにとって父親であり、夫婦と親子は別物であること気づき、現在、元夫の子育てサポートを得ながら共同養育を実践中。

自身の経験を生かし、離婚後の子育てで悩み苦しむ方の手助けをしたいという思いから、「せたがや離婚・面会交流相談室りむすび」(http://www.rimusubi.com/)を設立。
夫婦の心の架け橋となるべく、子連れ離婚相談、面会交流仲介支援を行うとともに、講演会等を通して共同養育の啓発活動を行う。

pagetop